オニテンの読書会

文化・民俗や、オススメ本の紹介、思ったことも書きます。

台湾の「教師の日」について

皆様、台湾に「教師の日」という祝日があることはご存知でしょうか?


台湾では、9月28日は「教師の日」(教師節)と呼ばれています。
なぜ9月28日が教師の日なのかと申しますと、由来は孔子の誕生日と言われています。

(目次)

 

 

国に祀られる孔子の始まり

孔子を祀る儀礼は昔からありますが、「教師の日」として祝日となったのは現代的な祝日の制定と関係しています。
孔子を祀ることは紀元前478年に遡ることができます。孔子が亡くなって2年が経ったころ、当時の孔子の出身地でもある魯国の王様は、彼を祀るために曲阜孔廟(山東省)を建てました。孔廟の中には孔子が生前に使いっていた衣服や書籍などが置かれ、定期的に祭祀をはじめました。紀元前195年、中国の漢代の皇帝、漢高祖は曲阜孔廟において、牛を中心とする生け贄など(ここでは「太牢」と称されました)を用いて孔子を祭祀したのでした。これは国家レベルで孔子を祀る最初のものでした(※最初に廟を建てた魯国の方は、恐らく日本の江戸時代の「大名」レベルで、統一した国ではありませんでした)。漢代では、儒教は統治者側に推奨され、孔子に対する祭祀も中国においてますます盛んになっていきます。国レベルの方は孔子を盛大に祀っていまして、手順などもますます複雑になってきました。他方、各地で孔廟が建てられ、そして、祀るようになりました。

 

f:id:notebookno2:20180215182528j:plain

台湾の台南市の孔子廟は今でも本格的な「生け贄」を使っています。

図像出典:中評搜索

 

f:id:notebookno2:20180215183106j:plain

台湾の台北市の孔子廟の方はエコのために、本物の家畜を使わず、小麦粉などで形を牛に模したものが使われました。

図像出典:

http://reduce-co2.civil.taipei/ct.asp?xItem=95467544&ctNode=76505&mp=10200H

 でも昔はやはり本物を使いました!

 

台湾独自の調査

清代の末になると、儀礼行う日付やはバラバラになりました。第2次大戦以降、中国本土で内戦が起き、1949年蒋介石をはじめとする国民党軍側は台湾に撤退し、後に中国本土は共産党の統制に入りました。1952年の際に、中華民国(即ち、現在の「台湾」、のこと)において、専門家達を要請し、孔子の誕生日は9月28日にあると推測し、その日を「教師の日」(教師節)にしました。1968年、中国(即ち、現在の「中国」のこと)において「文化大革命」という資産階級や知識人の闘争が始まり、それに対抗として、中華民国(即ち、現在の「台湾」、のこと)は「こっちこそ中国文化の本家だ!」を宣言したいために、政府側から有識者を集めて、孔子を祀る儀礼の儀礼書を作成し、儀礼の手順の大枠を規定しました。小中学校生徒達の参加も推奨されました。

 

去年、「教師の日」の前日、台北の孔子廟での儀礼の予行演習を見学しました。

天気が良くて、観客も多いでした。

f:id:notebookno2:20180215181435j:plain

 

f:id:notebookno2:20180215181310j:plain

f:id:notebookno2:20180215181331j:plain

 

 中華文化のシンボル


今まで述べてきたように、孔子を祭祀することは国・政府側からの政治的な意味合いが強いため、総統、市長などの儀礼を参加することが望まれました。孔子は、「儒教」、「中華文化」のシンボルとも言えるので、中華民国(即ち、現在の「台湾」、のこと)のナショナリズムやアイデンティティとも関わっています。そのため、誰かこの儀礼を参加するか、誰かわざと避けていたか、儀礼を参加するか否か、台湾のメディアの焦点になることが多いです。

f:id:notebookno2:20180215181724j:plain

黒い服を着ている男性は、現在の台北市市長、柯文哲です。市長になって3年目ではじめて孔子を祀る儀礼を参加することによって、政治的な立場が問われました。

news.ltn.com.tw

 

私の思い出と教師の日

ちなみに、「教師の日」は祝日ですが、2001年法律などの調節によって、休まない祝日になりました。
私まだ小学生、中学生ぐらいの時、「教師の日」の定番の祝い方は、クラスの全員が先生に対してイタズラをすることでした。
いくつかオーソドックスなやり方は、
1.隣のクラスの生徒と全員入れ替え、先生を戸惑わせる
2.クラス全員机の下に隠れて、先生を戸惑わせる
3.クラス全員寝るふりをして、先生を戸惑わせる
…的なものでした。
どう考えても、地味なイタズラでした(笑)。

 

今回、台湾の「教師の日」について、紹介させて頂きました!

 

参考資料