読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オニテンの読書会

思ったことを綴っていこうと思います。

Amazonで1円で買える おすすめ小説 5選をご紹介ー犬、愛、刀、病、空想ー

 今回の記事では、わたしが読んで「面白かった!!」と思った小説を5つを、みなさんに紹介したいと思います!

 【目次】

 

 しかも、Amazonで、なんと1円から購入可能です(中古、Kindle。2017年4月4日現在)。暇があれば、ぜひ読んでいただきたい小説となっています。

 

①古川日出男 『ベルカ、吠えないのか?』

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)

ベルカ、吠えないのか? (文春文庫)

 

 「犬」をテーマに、戦争、紛争の近代史を辿る物語。とある犬を始祖として、繁殖を繰り返し、海を越え、国をまたいで、犬が活躍する「血筋」の物語です。

 文体は、とても男っぽい、ハードボイルドな感じです。 それでいて、神話を読んでいいるような壮大さがあります。

 犬版のマッドマックス的なものを感じました!

 

②井上靖 『愛』

愛 (角川文庫)

愛 (角川文庫)

 

  「愛」にまつわる短編を三つまとめたものです。その中でも、わたしのおすすめは、「結婚記念日」という短編です。内容は、「妻を亡くして二年。後妻の話があるものの、一生独り身を決めている三七歳の春吉が、亡き妻との旅の想い出を辿る」というものです。

 愛というものは、素朴でいて、近くにあり、そしていて、主張しないものであると、考えさせられた素敵な物語です。

 

③山本兼一 『いっしん虎徹』

いっしん虎徹 (文春文庫)

いっしん虎徹 (文春文庫)

 

  「刀」をテーマにした小説です。表題にある通り、名刀「虎徹」を作り上げるまでの物語です。もともとは、防具を作っていた鍛治が、自分の作った兜を叩き切る刀を作る、という目標のもと、努力を続けます。しかし、度重なる障害、妨害が!!

 刀鍛冶版、下町ロケットのような感じでしょうか。

 わたしとしては、試し切りについての描写が、とても面白かったです。刀剣や、職人文化に興味がある方は、おすすめです!

 

④北條民雄 『いのちの初夜』

いのちの初夜

いのちの初夜

 

  「ハンセン氏病」に冒された著者の私小説です。ハンセン氏病と診断され、隔離された病院に入ることになります。そこで、病に苦しむ患者たちと出会い、自分の人生、行く末を思うのです。24歳で亡くなった著者の魂の小説となっています。

 病に対する差別、偏見を考える機会をあたえてくれる小説です。ぜひ、中学校や高校の教科書に掲載されて欲しいと思います。

 この素晴らしい小説が、AmazonのKindleで、0円です。もう、読まない理由はありません。

 

⑤本田誠 『空色パンデミック』

空色パンデミック1 (ファミ通文庫)

空色パンデミック1 (ファミ通文庫)

 

  「空想」をテーマにした物語です。ライトノベルですが、とても文体も読みやすいと思います。ただ、内容が内容なのです。あらすじを読みますと、

見つけたわよ、ピエロ・ザ・リッパー! ジャスティスの仇、とらせてもらうわ!」「……はい?」高校受験の日、駅のホームで、僕、仲西景は結衣さんと出逢った。彼女は“空想病”。発作を起こすと、正義の使者とかになりきってしまう。空想病にもいろいろあって、もし“劇場型”なら、他人に空想を感染させ、世界を滅ぼしかけたこともある危険な存在。だけど結衣さんは通常の“自己完結型”。そんな彼女に、なぜかつきまとわれる日々が始まった。発作を起こしていないときの彼女は、端的に言ってただのわがまま娘。空騒ぎに付き合ってられない。最初は、そう思っていた。――でも、それだけではなかった。

空色パンデミック1 (ファミ通文庫)

 ちょっと、複雑な内容であるようにも見えますが、実は、いたって簡単な物語です。とくに、後半の謎、展開の畳み掛けは、お見事です。普段はライトノベルを読まないかたも、おすすめです。

 

  春が訪れ、新生活を迎え、慌ただしい毎日を送ってらっしゃるかたも多いかと思いますが、小説を読んで、気分を紛らわすのも良いですよ。

 

Ads