読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オニテンの読書会

思ったことを綴っていこうと思ったのです。

ブログを始めて3ヶ月 すでに心は折れている

 やっとこさ、このブログも4ヶ月目に突入しました。できるだけ、記事を更新するように努めてきたのですが、やはりネタ不足、要点をまとめる力量不足を感じる今日この頃でございます。

 このブログの状況報告も、自分のケツを叩く、奮い立たせるために行なっているものです。わたしと同じくらいの時期に、ブログを始めた方や、ブログを始めて3ヶ月目の方の参考になったら嬉しいです。

 [目次]

 

 いままでは、ブログを開始した2月6日から、30日間ごとに1ヶ月目、2ヶ月目と区切って計算していたのですが、そろそろ面倒になってきましたので、今回は、2017年4月の結果をご報告させていただきたいと思います。

 

 4月に更新した記事数は21記事、総記事数は75になりました。

 

 

 2017年4月の結果

  • セッション   10,948
  • ページビュー数 12,633 

 

 わたしのブログは、毎日50〜100アクセスがあります。この4月(3ヶ月目)では、大幅にアクセス数2000ほどに増加した日があります。

 

 

 

 アクセス数急増の要因となったブログ記事は、

 

www.oniten-yomu-book.com

 これは、はてなブックマークのサイト?(すみません。まだ、よく理解できないないのですが、ブックマークを載せているサイト?)に大きく掲載していただいたことによって、多くの方がアクセスしていただけました。本当に嬉しかったです。

 また、この記事よりは、アクセス数が少ないですが、

www.oniten-yomu-book.com

 わたしの小学生時代に読んで感動した児童向けの本を10冊紹介させていただいたところ、この記事がsmart newsの「読書」カテゴリーに掲載されたようで、多くのアクセスがありました。

 

○3ヶ月目で気づいたこと

 読んで欲しい記事はあまり読まれない。

 これは、ブログを書く全ての方が経験することだと思いますが、自分としては自信のあった記事が、全く読まれず、何気なく書いたものが、すごく読まれ、なんとも言い難い気持ちになりました。

 上記のブログ記事も、本当にネタが無くて、自分の本棚を眺めていた時に思いついて書いたものです。それが、こんなに反響があって、一生懸命書いたものが、読まれない。とても辛いですが、自分の読みの弱さなのかもしれません。

 ちなみに、わたしが読んで欲しかった記事は以下のものです。

www.oniten-yomu-book.com

 これは、台湾の宝蔵巌という場所を、共同運営者のキャロルさんに説明してもらった本です!イラストも描かれていて、とても綺麗です! 

 

www.oniten-yomu-book.com

 わたしは、男色について調べるのが趣味なのですが、来年の大河「せごどん」で男色を描くかもしれないと聞いて、いてもたっても居られず、持っている本からまとめたものです。これから、アクセスが増えれば嬉しいです。

 

バチェラー・ジャパンの記事を更新すると読者数が減るw

 わたしは、現在、Amazonプライムビデオで配信しているバチェラー・ジャパンにどハマりしており、勢いでブログを2記事書いてしまいました。

 

www.oniten-yomu-book.com

 そして、最終回を見て、妻との討論を重ね、自分にとってバチェラー・ジャパンとはなんだったのかを反芻し、書いた記事がこれです。

www.oniten-yomu-book.com

 

 これを書いて、記事を公開したところ、読者として登録していただいていた方が数名減りました。

 たしかに、一応はオススメ本や文化について書いているブログですので、バチェラー・ジャパンを立て続けに扱うのはよくなかったかもしれません。

 しかし、バチェラー・ジャパンは文化である、と自分に言い聞かせております。また、シーズン2が始まったら、記事を書いていこうと思います!!

 

アクセス数が安定してきた。

 記事を更新していないとアクセス数が、限りなく0に近くなっていたのですが、3ヶ月目に入ると、最低でも50アクセスがある、という状態になりました。とても、嬉しいです。

 また、Twitterや他のサイトでも、少しずつ言及していただけるようになったようで、少し驚きました。そして、検索で訪れる方が少しずつ増えているようです。

 

 

 

 

 今月は、記事を更新する時間が無いので、更新数は減少すると思いますが、これからも頑張りたいと思います。

 

 

 

 

Ads