オニテンの読書会

文化・民俗や、オススメ本の紹介、思ったことも書きます。

バチェラー・ジャパンの最終話を見て、考えたこと。 

 昨夜、バチェラー・ジャパンの最終話を見て、興奮したまま書いています。

 とうとう終わってしまいましたね。これで、日本で初めてのバチェラーである久保裕丈さんと、25名の女性たちの物語が幕を閉じました。

 最終話を見て、「くそっ!! 久保さん!何やってんだ!!」となった人、「よかったねー。おめでとう。」となった人、それぞれいらっしゃると思いますが、反発も、賛美も、それだけ感情が揺れ動かされた結果であると思います。わたしは、完全に前者ですが。。。

 今回の記事では、わたしが感じたバチェラー・ジャパンと視聴者の関係についての考察を含め、考えたことを書いていきたいと思います。

 《目次》

 

 

 前回、バチェラー・ジャパンの楽しみ方を書いた記事はこちらです!!バチェラー・ジャパンって何?、という方もこの記事に大まかな説明を書いておりますので、読んでいただくと嬉しいです!!

www.oniten-yomu-book.com

 

それでは、わたしが感じたバチェラー・ジャパンと視聴者の関係について書いていきたいと思います。

 

○技を受け、技をかける、迫力の攻防戦ーよい「プロレス」だったー

 バチェラー・ジャパンの最大の見所は、地位も、年収も、ルックスもある完璧な男性バチェラーと、美女たちの攻防です。攻防とは、自分の良さを相手に伝えようとすること、そしてそのアピールをしっかりと受け止めることです。

 これは、普通の恋愛では、相手をデートに誘っても、断られたり、デートをしても盛り上がらなかったりすることがあるかと思いますが、この番組では、ありえません。

 彼女たちは、バチェラーである久保さんにアピールを繰り返し、それを久保さんは、笑顔で受け止めるのです。

 ここでの見所は、おそらくスクールカーストの上位であった美女たちが繰り出す高度で攻撃力抜群のアピールを、男子校出身でおばあちゃん子の久保さんが、くらい続けるところです。序盤では、セクシーなアピールに揺らぐ、久保さんに、「久保さん、大人なんだから、そこは違うでしょ!!」と、突っ込むのも面白いですし、応援している女の子の、良いところ、モリモリだったら「家族」を、「そうだ!そこで「家族」を出すんだ!!」と応援するのも面白いです!

 久保さんは、最後の最後まで、彼女たちのアピールを受け続けます。この攻防戦は、ついには、女性陣の家族にまで及びますので、さながら本当の義理の家族のような映像が続くことも、面白いところでしょう。

 

○二重の嘘を楽しむー虚実皮膜のランデブーー

 この番組で、重要なことは、この番組には、多くの嘘が含まれていることです。この嘘とは、自然や無作為の対義語として使いたいと思います。

 この嘘は、二重に存在しており、どこまでが真実なのか、視聴者を最後まで揺り動かすのです。

 一つ目の嘘は、バチェラーである久保さんと、女性たちです。

 久保さんの言動には、最後まで見ればわかるのですが、嘘が多く散りばめられています。たとえば、「素が見たい」、「ギャップが好き」、「好きだよ。」と、彼の言葉の多くが、選択的には真実ですが、結果としては嘘となる状況にいたります。それは、一人一人に誠実であろうとする人間が、嵌る袋小路であり、過程においては真実であっても、結果として嘘になってしまう矛盾なのでしょう。

 また、女性陣たちの嘘にも、目を向けたいと思います。彼女たちは、玉の輿に乗りたい、有名になりたいとは、明言しません。彼女たちの多くが、芸能の仕事をしていることは、彼女たちの肩書きにも、彼女たちのtwitterを見ても、わかることですし、その彼女たちに功名心がない、というのも嘘になるでしょう。しかし、わたしが言いたいのは、それが問題ではないのです。わたしが、楽しみたいのは、上述の攻防です。

 久保さんが完璧であり、彼女たちに野心があればあるほど、盛り上がる番組なのでしょう。

 

 二つ目の嘘は、編集とカメラアングルです。

 この番組は、完全にカメラの存在を無視して進行していきますが、途中でインタビューも入りますし、カメラワークも丁寧に工夫されたものです。明らかに、視聴者をミスリードし、ショックを与えようとする編集も加わっており、視聴者は「今回は、番組のディレクションを信じていいのか?」と不安になります。これは、すでに、久保さんへの関心を、離れ、番組やスタッフの狙いに対する疑心暗鬼なのです。

 こうした環境下、工程において、バチェラーである久保さんと女性たちは、「恋愛」をする、もしくは、演じることになるのです。ただ、重要なのは、この「恋愛」が上述した嘘が付随したものであることで、久保さんも、気のない子にも気を配らなくてはならない、女性は意地でも生き残りを目指す、ここには、恋愛があるようで、恋愛はないのかもしれません。しかし、結果として、恋愛になる、なんだか不思議な人間の心の動きを表しているように思います。

 ヤラセという指摘もありますが、久保さんと女性という「人間」がおり、その人たちの人生が、この番組によって影響されるということには、変わりなく、彼らにとってこの番組がなんなのか、を考えることも面白いのです。

 

 

最後に、また、おなじ25名で、違うバチェラーを奪い合ってほしいなとおもいましたw

 ありがとう!久保さん!! そして、しあわせに!!

https://images-fe.ssl-images-amazon.com/images/G/09/Digital_Video/other/Bachelor/Bachelor_Boxart_170112.jpg

 

www.amazon.co.jp