オニテンの読書会

文化・民俗や、オススメ本の紹介、思ったことも書きます。

本を読むことで、本を買うことが出来た。

 文系おじさんとして、このブログをはじめた理由の一つに、「本を読むことで、本を買う」ことは出来ないか、という目標がありました。

 

 わたしにとって、読書は、職業的にも、趣味としても、生活の中になくてはならないものなのですが、本を買うのは、もちろん自分のポケットマネーです。読書量は、月におよそ10〜15冊、本の購入は、20冊ほどになります。薄給のわたしにとって、この出費は、もちろん痛い、痛すぎるものですが、本を読むことは、止めるわけにはいかないのです。

 図書館で借りる、という選択肢もありますが、書き込むこと、資料として後々使う可能性を考えると、やはり、重要だと思える本は、出来るだけ購入したいのです。

 収入が減ってしまった現在では、趣味の読書の方は、某中古本販売店の棚に並ぶものとなりました。これからは、読む本の量も減らしていこう、そう思いました。

 本と自分のおサイフのバランスを考える生活を続けていく中、わたしは、本を読むことに虚しさを覚えるようになってしまっていました。

 その頃、一つ考えたことがあります。なぜ、わたしの読書は、お金にならないのか。わたしは、いわゆるビジネスマンではないので、ビジネス書の類は読みませんので、収入が増えない、とか、そういう悩みではありません。

 本を読むことの、より直接的な結果として、本を買うことができたらいいな、と考えたのです。 

 ブログを初めて、早半年、書いてきた記事も100を超え、少しずつですがアクセス数も増えてきました。そのおかげで、少しずつ、紹介したアマゾンの本を購入していただけるようにもなりました。

 自分のオススメした本が、誰かの手にとってもらえることは、とても嬉しく、達成感があるものだと知りました。このブログで、紹介している本は、わたし(と、共同運営者のキャロルさん)が、実際に読んで、面白いと思った本です。一冊たりとも、記事の為に読んでいないものを書いたことはありません。記事の量を増やそうと思った時、「そんな面白くない本でも、紹介した方がいいんじゃ」とも思いましたが、それだけは、やめようと心に決め、少しずつですが、記事を書いてきました。

 smartnewsなどの、インターネットのニュースサイトにも取り上げてもらうこともできました。

 そして、今日、はじめて、貯まったアマゾンのギフト券で、本を購入することができました。

 購入した本は、以下の2冊です。

近代の〈物神事実〉崇拝について ―ならびに「聖像衝突」

近代の〈物神事実〉崇拝について ―ならびに「聖像衝突」

 
性表現規制の文化史

性表現規制の文化史

 

 

 以前は、一万円する本も、ポンと買ってしまう人間だったのですが、家族も増え、収入も減った現在では、3000円する本は、尻込みしてしまいます。その背中を押してもらった、本当に感謝しています。

 これからも、心からオススメしたい本を紹介していきたいと思います。 

 今日買った本も、紹介できたらな、と思う今日この頃です。