オニテンの読書会

文化・民俗や、オススメ本の紹介、思ったことも書きます。

政治的カワイイと俺的カワイイのはざまで。

 初恋の女性から、結婚することになったとメールが届いた時、ぼくの右手は震えていた。

 

 みなさんは、自分の「〇〇ちゃん、カワイイ」という感情に自信がありますか?わたしはというと、てんで自信がございません。思い出してみると、好きになる女の子は、少し個性的な方が多かったと思います。

 修学旅行の夜とか、友達同士で好きな女の子を言い合うことがありますよね。中学校時代なんて、「お前何で、〇〇好きなの?」と聞かれるのが怖かったので、みんなが好きという安全牌的な女の子(好きといっても波風が立たない女子)の名前をあげたりしていました。

 考えてみれば、なぜ、思春期の時に限って、そのような「好きな女の子」として名を挙げやすい異性が存在するのか?と、疑問に思います。

 おそらく、そこには、クラスの中の権力図、キャラ付け、スクールカーストなど力関係が存在し、カワイイを決定づけているのではないか、と思うのです。スクールカーストの上位と仲良くなかったり、目立つタイプでなかったりすると、「不当に」カワイくないと勘違いされてしまうのです。

 カワイイとモテるとは、少し違うとも、思います。モテるは、カワイイとは実際に関係のないところにある問題だと思っています。モテるは、恋愛や性衝動に関係あるものとして捉え、ここでは、カワイイを容姿や雰囲気に限定して、書いていきたいと思います。

 こんな話がありました。

 中学生時代、部活の地区大会で、隣の市の中学校の女の子Aさんがカワイイと、わたしの仲間連中で、話題となりました。そして、わたしたちは、Aさんに近づくべく、その中学校の友達に紹介してくれるように頼んだのです。友人の答えは、「Aさんよりも、お前の部活にいるBさんの方がカワイイだろ!他の中学のやつも、そう言ってるよ。」というものでした。わたしたちは、「え、Bさんは、Bさんだよ。」と、困惑したのを覚えています。小学校から中学まで、一緒に過ごしたBさんを、美少女だと扱うことも、思うこともなかったのです。

 その10年後、久しぶりに、たまたまバス停で、Bさんを見かけました。満島ひかりさん似で、びっくりするくらい美人になっていたのです。(思い出してみると、もともと美人なんですが。)

 これに似た経験がもう一つありました。同じ部活のコジマくんという、幼馴染に言われた言葉です。「お前らは、Cっち(あだ名)をブサイク扱いしているけど、よく見ろ。ニキビあるけどカワイイぞ!」と言われたのです。その時も、おろかなわたし達は、いや「Cっちは、Cっちだから」と思ったわけです。

 ただ、思い出してみるとCっちは、カワイイのです。性格も優しかったし、良い子でした。Cっちとは、よく話をしていたのですが、カワイイと考えることは全くなかったのです。

 なぜ、自分たちのカワイイ尺度は、見誤ることがあるのか。それは、その子を取り囲む、環境が大きな要因となることは確かだと思います。

 ただ、より重要なことは、「わたし達のカワイイという感覚は、見誤るものだ」と考えることではないでしょうか?

 ここで、その女性を取り囲む環境や、力関係によってカワイイが変動することを、「政治的カワイイ」と名付けたいと思います。この政治的カワイイによって、影響をうけるのは政治的にカワイイという扱いを受ける女性ではなく、本質的には、実際カワイイのに、政治的にカワイイというカテゴリーに属さない女性であると思います。

 先ほど、例に出したわたしの幼馴染、コジマくんは、政治的カワイイの尺度に影響されることなく、Cっちの可愛さを指摘し、わたし達を諭しました。彼は、自分自身にカワイイ尺度を持っているのです。それを、「俺的カワイイ」と名付けたいと思います。

 「俺的カワイイ」を貫くことは、難しいことです。かくいう、わたしも、初恋の女の子は、完全に「俺的カワイイ」でした。しかし、それを強く表明することができなかった。何度かチャンスはあったように思うのですが、全てが遅かったのです。この恋は成就しませんでした。

 最近、その初恋の女の子が、結婚することとなり、小さな同窓会が開かれたそうです。わたしは、仕事で行くことができなかったのですが、友人から、「〇〇が、すっごいキレイで驚いた」と、言われ、わたしは「そりゃそうだろが!!」と思いましたし、叫びました。

 わたしは、中学校時代に気づいていたことが、友人達はまったく気づかなかったのです。これこそが、カワイイとか、キレイのあやふやで、あいまいで面白ところなのではないか、と思うのです。

 カワイイとは、曖昧で、不確かなものであるということを前提とした中で、確固とした「俺的カワイイ」を持っている人は、幸せな結婚やおつきあいをしている人が多い印象があります。それは、他者の意見や環境によって、人の扱いを変えない人間であるからだと思います。

 カワイイと、モテるは違いますが、カワイイの中にもたくさんの種類があると思います。今回は、「政治的カワイイと俺的カワイイの相克」について書きました。

 

 自分の感覚に正直になることの方が、幸せになるのかなと思う今日この頃でした。

 

 

 

恋愛スピリッツ

恋愛スピリッツ

  • アーティスト: チャットモンチー,橋本絵莉子,高橋久美子
  • 出版社/メーカー: キューンミュージック
  • 発売日: 2006/06/07
  • メディア: CD
  • クリック: 68回
  • この商品を含むブログ (92件) を見る