読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オニテンの読書会

思ったことを綴っていこうと思います。

シンガポールの「日本人墓地」 南洋に故郷を想う

 

 シンガポールの日本人墓地

 シンガポール東部、イオ・チュー・カン・ロード沿いチュアン・ホー・アベニューにある「日本人墓地」についてご紹介したいとおもいます。

 日本人墓地は、現在「日本人墓地公園 (Japanese Cemetery Park)」として管理されています。シンガポールでは、土地不足解消のため、これ以上墓地を拡大しないという方針から、197342カ所の墓地に埋葬禁止令を出しました。日本人墓地もその指定を受けたことにより、新たな埋葬をすることが出来なくなったのです。現在では、公園として維持管理されています。

 

からゆきさんの埋葬から始まった 二木多賀二郎

 日本人のシンガポールへの進出が「からゆきさん」から始まり、漁業、ゴム園などの経営、日系企業の進出により在留邦人の人口が増加していきました。こうした日本人の人口の増加とともなって、現地の日本人が亡くなった場合、いかに弔うか、いかに埋葬するかという、葬送の問題が顕在化していくのです。

 とりわけ、身寄りもなく、身分的にも不安定であったからゆきさんが亡くなった際、彼女たちが埋葬される土地、そしてその悲惨さが問題となりました。

 日本人墓地の成立は、二木多賀次郎が深く関わっています。二木は、19世紀中葉に長野県出身に生まれ、1888年シンガポールに渡り娼館、雑貨商、ゴム園を経営し成功した人物です。二木がシンガポールを訪れた時、日本人男性は17人しかおらず、日本人女性は無宿の零落者とみなされていました。彼らが亡くなった時、その遺体は獄死者及び牛馬の埋葬地に送られ、あたかも日本にて行倒れを処分するようであったといいます。二木は、からゆきさんたちの埋葬についての解決策を模索しました。

 二木が日本人を埋葬する共同墓地を計画したのは188811月のことであった。協力者であった渋谷銀次が、かつて上海にあった本願寺の慈善会墓地の制度を知っていたので、これを参考にしたといいます。

 二木が自己所有していたゴム林を日本人用の墓地に改修し、直ちに刑人墓地に埋められていた日本人27人の遺骨を牛頭馬骨の間より見つけ出し、これを改葬し、無縁塚の碑を建立しました。日本人の共同墓地設立と同時に共済会(初名は、慈善会)が発足します。

f:id:onitenyomubook:20170226212538j:plain

 シンガポール在留邦人は、男女を問わず会員となることができるようになりました。会費は毎月二十五銭を納付することになっており、日本人の葬送が主な役割となっていたのです。

 こののち1915年大正4710日大典奉祝会及びシンガポール日本人会の発足について第一回相談会が開かれ、912日日本人会発会式が行われました。日本人会が組織されると共済会と共同で墓地管理を行うこととなったのでした。1942215日から1945815日の終戦まで、日本人墓地の管理は、軍政部と在留邦人による「湘南奉公会」に委ねられます。敗戦後、日本人がシンガポールから引き揚げていきました。

 

日本人墓地内にある西有寺 釋種楳仙

 日本人墓地内にある西有寺、そしてこの寺院の建立を導いた人物、釋種楳仙について触れたい。彼は曹洞宗の僧でした。1894年シンガポールに渡り、この墓地に草庵を結んだ釋種楳仙は、仏道を説き、日本人の葬送に立ち会っていきます。日本人墓地の設立から5年後、楳仙は独力をもって浄財を集め、西有寺の建立を果たしました。日本人墓地内に西有寺が建立されます。釋教山西有寺が建立されたのは1911年のことでありました。その頃は寺と名をつけていたが、本堂は非常に狭く三畳敷程の一間、それに一間の板の間と半畳ほどの土間がついているだけであったといいます。建立の翌年、191248歳で亡くなりました。二葉亭四迷の火葬においても、彼が読経するなどの記載があり、彼が生前、現地の葬送に深く関与していたことがわかります。

 

戦後のシンガポール日本人墓地

 1952年対日講和条約、日米安全保障条約が発効し、英領植民地シンガポールとの外交関係は同年10月、二宮謙総領事が赴任したことから再開します。1953年、総領事館に、敵産処分のまま、墓地の管理が委ねられました。1957年日本人が再びシンガポールを訪れるようになると日本人墓地の清掃と管理をきっかけに、戦後の「日本人クラブ」が発足します。

 

f:id:onitenyomubook:20170226211658j:plain

 

毎年3月には、日本人会で墓地慰霊祭が開催されます

 

シンガポールにいらっしゃった際は、是非、足を運んでいただきたい場所のひとつです。

 

【主要参考文献】

からゆきさんと経済進出―世界経済のなかのシンガポール‐日本関係史

からゆきさんと経済進出―世界経済のなかのシンガポール‐日本関係史

 

 

シンガポール日本人墓地―写真と記録 (1983年)

シンガポール日本人墓地―写真と記録 (1983年)

 

 

髙棹健太 2015 「日本人移民と火葬ー戦前シンガポール日本人社会を事例にー」 『東北宗教学』57−81頁。

Ads